人気ブログランキング |

結果としてここにいるのも、流されてきただけなのだろう、きっと。

マッカラン18年の旨さ、アルフォート塩キャラメルの旨さ、エロ本がメインの本屋、つぶれてしまったA'z club、表情が冴えないTさん、服装がはっちゃけてるYさん、春秋戦国時代と竜行剣、漫画喫茶がわりのお好み焼き屋、早朝の自転車、深夜のバスセンター、変わっていく物事と、止まったままの自分。

「何を考えてるのかわからない」と言われても、何が自分のやりたいことなのかすら自分でもわからないままここまで来てたんだ。

# by fifthdoor | 2008-05-26 23:48 | 日記  

メモ

かなり久しぶりの更新。
どうにか生きてます。

研究者への軌跡


いろんな人生がある、
と心にしみます。

人が、現在に至るまでにどういう人生を歩んできたのか、
という話が好きなんだな。

# by fifthdoor | 2007-06-08 01:48 | 日記  

たまには思い出。

e0019518_118522.jpg


1998年3月、某所にて。 ←自分でも覚えてなかったり。

一番右がおいら。21歳と半年経過ぐらいの頃。
当時は白黒フィルムで写真を撮るのが流行っていた、というかルールだった。
車は、部費を集めて5万円という破格で購入したタウンエース。
しかし、移っている4人の大学は全員バラバラの混成軍であった。
写真の右から3番目は、
メニューにある写真の左から3番目と同一人物である。

# by fifthdoor | 2007-02-02 01:19 | 日記  

ストレス発散のための衝動買い

2007年も早や一ヶ月が経過して、2月へ。

平日にも関わらず、バイクでぶっ飛ばして
郊外にある夜12時まで開いてる本屋さんに行って閉店まで粘って品定め。
買ったのは自己啓発系。
衝動的に6冊も買ってしまった。

岐路に立つ君へ-価値ある人生のために 福田和也
雨の降る日曜日は幸福について考えよう 橘玲
昨日までの自分に別れを告げる 中谷彰宏
20代で出会わなければならない50人 中谷彰宏
30代で出会わなければならない50人 中谷彰宏
大学時代しなければならない50のこと 中谷彰宏 (義弟用)

# by fifthdoor | 2007-02-01 00:57 | 日記  

五体投地とorzは似ている。

どう似ているかは、リンクの7番と9番を参照。

新婚旅行は、五体投地でカイラス巡礼がいいといったら、
一人で行ってきたらと言われました・・・。

# by fifthdoor | 2006-12-11 01:05 | 日記  

来月は、

分生フォーラム出ます。
A0のポスター入れる筒も楽天で買いました。

ところで、
今日あったミーティングで部長から
「海外いってくるとよいよ。1、2年休職で。」
と言われました。

かなり心を揺さぶられました。
でも、海外にいくのなら、ぶっちゃけ他の研究がいぃ・・・orz

# by fifthdoor | 2006-11-29 22:30 | 日記  

話は先月のことですが、、、

ついに30歳になってしまいました・・・orz

若いときに想像していた30歳とはもっと大人だったはず・・・orz

大学院終了時から考えても、
30になったときにこんなにグダグダになってるとは想定外でした・・・orz


這い上がろう、ここから・・・。

-----------------------------------

話は変わって、
ビーバーゲノムとかってやってないんだろか。
ビーバーがダムを作れる秘密を解明できた人はネ申だと思う。
まずは実験用の森と川を用意して、ダム作りがおかしくなる変異体とりから・・・。
参考サイトはこれ。動画はけっこうすごい。

しかし、
ツバメとかも巣を作るのだから、
似たような遺伝子が働いているのか・・・?

ミツバチなら女王蜂を何万匹か用意して
巣の形成がおかしくなるやつをRNAiスクリーニング?
金と根性があればできなくもない気もしてくるな・・・

「外界の環境を改変するような高次の動物行動を担う原因遺伝子の特定」
とかいったテーマで。

ま、ビーバーやツバメよりは、まずはミツバチか。
って、ツバメで遺伝学はさすがに・・・
とかいうより、遺伝子改変動物を野に放つこと自体に大問題が・・・。

しかし、ミツバチでわかったとしても脊椎動物でホモログがあるかどうかはかなり微妙だが・・・。
巣を作るネズミでやるというのが筋道か。
一般的な実験用のマウスやラットって巣を作るんですかね。

この場合も目的にあった実験動物を探すことが大事なのだろう。

# by fifthdoor | 2006-11-09 00:43 | 日記  

今日の雑学

現在のロシアには、KGBはいないらしい。

現在のロシアでは、国民は自由に好きなところへ旅行できるらしい。

現在のロシア人は、20代後半以降に結婚する男がほとんどらしい。


旧共産圏だから、国民の旅行や移動は制限されてるものかと思ってた・・・。
今でもハニートラップをやってるとかっていうブログを見て完全に洗脳されてたか・・・。

# by fifthdoor | 2006-10-30 22:09 | 日記  

ホームレス英会話 -実践編-

先週一週間は、アメリカ南部に行ってござった。

んで、
以前に書いておったように、
外国でホームレスとお話することで英語で会話を行ってみたでござる。

ケース1
黒人男性(若者)
「へい、1ドルくれよ」
といって話し掛けてきおった。

1ドルもらってあんた何するん?
「1ドル、いや2ドルあったらビール買えるんやけど。わしビール飲みたいねん」
あんた仕事何しとるん?
「XXX(聞き取れず)をしとったんやけど、リストラされてしもてん」
そうなん、あんた産まれはアメリカなん?
「いやメキシコやし」

とかいった感じで会話はすすんだでござるが、
こっちが英語がわからんというのが理解できとらんようで
ゆっくり喋ろうという気がなくて全く聞きとれんでござった(ござる口調はもう断念します・・・)。
What is XXX?
みたいなことを連発したけど
長い会話の中で上記の内容だけは理解できた。
わりといいやつぽかったのでビール(2ドル)を買ってあげた。


ケース2
白人夫婦(中年)

女「1ドルくれへん」
1ドルもらってどうするん
女「XXX, XXX, XXX, XXX(全く聞き取れず)」
Speak more slowly!
「XXX, XXX, XXX, XXX(少しはゆっくりになったけど、まだよくわからず)」
What?
「うちらな~、家がここから遠いねん、2ドルあれば家帰れるねん」
はぁ、どうやって帰るん?
「バス乗って帰んねん、XXX, XXX, XXX, XXX」←夜中の10時過ぎ。
(それ以上は向こうもイヤになってきたようで、もういいよというかんじで終了)


といった感じで、

こちらから誰かに話し掛けるよりも、
向こうから喋りかけてくるやつのほうが、
会話に対するこちらのハードルは低いなと思った。

現地人の話す言葉をほとんど全く聞き取れないということがよくわかったけれども、
同時に、
こんなんでも毎日365日やってたら、
日本に住んでるより英語は上達するだろうなと思った。



それがしは、繁華街で試みたのでそれほど危険には感じなかったが、
真似してナイフや銃を出されても全く責任は持てませんのでよろしく。

# by fifthdoor | 2006-10-17 23:21 | 日記  

久しぶりに

書きます。


まず、今後は一人称を それがしに変えるでござる。


8月は、それがしの娘の一才の誕生日があり、
そして、
それがしと連れ合いとの結婚式がござった。


今度の土曜日には大学院時代の戦友の結婚式が神戸であるでござる。

そして、日曜から一週間ほど上役と一緒に米国へ行って参る。


去年の今ごろの日記にも書いておったが、
若手Bを昨年出したのを少し修正して出すかのう・・・。

日記を読み返すと
昨年悩んでおったことがほとんど何も解決しておらぬのに愕然としておる。

現状を維持しながら、しのぎつづける方へと気持ちが変わっていったからかもしれぬ。

某所に行こうと考えておったのだが、
その方は何とこの春の3月で某所をお辞めになられたようであった。

さて、これからどうするかのう・・・。

# by fifthdoor | 2006-10-06 01:32 | 日記